DSC07747Bict1612r.jpg

今日は、仁川空港のコンコース(サテライトターミナル)からチャイナエアラインのビジネスクラスで台北空港を経由して福岡まで帰ります!

空港に来るとプチ飛行機マニアになるので、このコンコース(サテライトターミナル)が以前から気になっていたのですが、利用する機会がありませんでした。

なんで気になっていたかというと、コンコースからは、飛行機がたくさい見れるような気がしたからです。

実際、タキンングしている飛行機は次から次にくるので、飽きません!

問題は、上の案内板のとおり、コンコース(サテライトターミナル)に一旦行ってしまうと帰ってこれないということです!

コンコースで飛行機ウォッチングをしようとすると、コンコースから出発し、アーリーチェクインができる航空会社を選ぶ必要がありまね。それか、トランジット時間が長くて、コンコースから出発する航空会社を選ぶかです。

(ちなみに、仁川空港のホームページで、便別にどのゲートから出発したかを確認できます。)

すいません。変なことを考えて。でもプチ飛行機マニアにとっては、重要な問題なのです(笑)!

そもそも、ソウルから福岡に帰るのに、わざわざ台北を経由するのは、デルタ航空の15,000マイルを利用して、ソウル~台北でフルフラットシートになるチャイナエアラインの最新のビジネスクラス(B777-300ER)に乗るのが目的なのです!

★機内の様子は、こちらから!
 ⇒チャイナエアライン ビジネスクラス搭乗記(フルフラットシート)〔ソウル~台北〕
 
DSC07740pict1612r.jpg

仁川空港の保安検査場に入ろうとしていますが、長蛇の列です。

仁川空港は、ビジネスクラス利用でも優先レーンがないので、保安検査で時間がかかります。このときは、約30分かかりました。

プチ飛行機マニアとしては、この30分は、痛い! 飛行機ウォッチングの時間が少なくなりました!


空港鉄道ソウル駅の地下2階にある「ソウル駅都心空港ターミナル」又は、地下鉄2号線サムソン(三成)駅に直結している巨大複合施設COEX(コエックス)内にある「江南都心空港ターミナル」で事前にチェックインして、入国審査を済ませれば、空港では専用の出国通路(航空会社の乗務員利用通路、通常の通路の脇にあります)を利用して出国が出来るみたいです。通路を通る際にその旨を伝えましょう。

★詳しくは、ソウルナビのHPをどうぞ!
 ⇒ソウル駅都心空港ターミナル
 ⇒江南都心空港ターミナル

仁川空港 コンコース平面図

DSC07742ict1612r.jpg

やっと、手荷物検査と入国審査を終えて、メインターミナルの搭乗ゲートのあるところに出できました。

コンコースの搭乗ゲートは、101~132蕃なので右に行きます!


DSC07743ict1612r.jpg

DSC07744ict1612r.jpg

もう少し行ったら、右ですね!


DSC07746ict1612r.jpg

シャトルトレイン乗り場は、下に降りるようです!


DSC07747Aict1612r.jpg

DSC07747Bict1612r.jpg

★いったんコンコース(サテライトターミナル)に行ったら、戻ってこれないので気をつけましょう!


DSC07750ict1612r.jpg

DSC07751ict1612r.jpg

シャトルトレイン乗り場は、右へ回ります。

DSC07752ict1612r.jpg

DSC07753ict1612r.jpg

シャトルトレインがやってきました。

出国時は2分間隔で運行されているようです(空港パンフレットより)!

(ちなみに入国時は、5分間隔のようです!)

乗車時間は、約2分です。


DSC07754ict1612r.jpg

DSC07755Aict1612r.jpg

コンコース(サテライトターミナル)に到着です!

DSC07755Bict1612r.jpg

上に上がりましょう!

DSC07756ict1612r.jpg

コンコース(サテライトターミナル)の搭乗ゲートにやったきました!

DSC07837ict1612r.jpg

これで、「仁川空港のメインターミナルからコンコース(サテライトターミナル)への行き方!」を終ります!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly



マイレージブログランキング