ここ10年くらいは、ヨーロッパにいくときは、ANAやデルタ航空のマイルを使用して、ビジネスクラス(フルフラットシート)に乗っています。
DSC05184_R.jpg
DSC01924_R.jpg DSC02021_R.jpg DSC02195_R.jpg

DSC05561_R.jpg DSC05532_R.jpg DSC02025_R.jpg
DSC05126_R.jpg DSC05132_R.jpg DSC05184_R.jpg


近場のソウルや香港、東南アジアは、エコノミークラスに乗っています。

今日は、私が実践している飛行機内での快適な過ごし方を紹介します。
 
★飛行機内で用意しているもの

【ユニクロのスウェット】
 ・ヨーロッパなどの長距離の飛行機の場合は、下はユニクロのスウェットに着替えています。
  ゆるゆるのものが楽で快適ですね。上も、スウェットでもいいのですが、荷物にもなるので、普通にシャツやセーターを着ています。 

【ゆるゆるのズボン】
 ・短距離の飛行機の場合も、ジーパンなどピチピチのものははかないで、なるべくゆるゆるのズボンをはくと快適です。
 
【ゆるゆるの靴下】
 ・靴下は、締め付けられると足がだるくなるので、使い古したゆるゆるのものを履くと快適です。(使い古した靴下は、飛行機快適グッズとしてとっておきましょう。)

【スリッパ】
 ・靴を脱いで、スリッパを履きます。足を締め付けないので絶対に快適です。
 ・靴を入れる小ぎれいな袋を持っておくとよいでしょう。 

【ポールペン】

 ・入国審査書や税務申告書機内で書くときに必要です。
 ・航空会社のポールペンなら気分も快適です。

【ソニーのウォークマン】
 ・音楽を聞く時は、ソニーのウォークマンを利用しています。ソニーのウォークマンはノイズキャンセリング機能が優れているので、騒音が少なくなり、音楽がよく聴こえ快適です。
 ・ウォークマンと同じ性能のノイズキャンセリング機能を搭載したエクスペディアでも当然OKです。
 ・ソニーは、音質も優れていますし、快適です。


【耳栓】 
 ・飛行機に乗って疲れるのは、座ったままでいることもありますが、大きな騒音によるところも大きいと思います。
 ・私はいつも一人で飛行機に乗るので、寝るときや音楽を聴かないときは、耳栓をして、Boseのイズキャンセリングヘッドフォンをしています。
 ・これでほとんど騒音がなくなり快適です。


【Boseのイズキャンセリングヘッドフォン】
 ・耳栓をしたうえで、Boseのイズキャンセリングヘッドフォンを付けています。
 ・さらに、騒音がほとんどなくなり快適です。
 ・音楽を聴くときの音質も抜群です。



DSC05528_R.jpg
☆私のは、ちょっと古い型なんですけど、こんな感じです。(スイス航空搭乗時撮影)


こうすれば、
  ★ビジネスクラス(フルフラットシート)では、ぐっすり熟睡でき快適に過ごせます。


  
      ・エコノミークラスは、姿勢の問題があるので、騒音は低減できても、熟睡は少し難しいですね。(涙)



★ビジネスクラスで海外旅行したい方はハピタスでANAマイルを貯めてビジネスクラスで海外旅行をする方法!を参考にしていただけるとうれしいです。



    【ビジネスクラス搭乗記】
 
      
★ANAビジネスクラス搭乗記(羽田~ミュンヘン)
       ☆羽田ANAラウンジ
       ☆ANA機内

     スイス航空ビジネスクラス搭乗記(チューリッヒ~成田)

     ★アリタリア航空ビジネスクラス搭乗記(ベネチア~成田) 
       ☆ 
ベネチア空港とかわいい飛行機見学
       ☆ 
アリタリア航空ビジネスクラスの機内
       ☆ 
成田空港と飛行機見学


★飛行機の座席の指定の仕方

 ・機内の前方の方が静かで快適です。ビジネスクラスは前方にありますが、その中でもなるべく前がいいと思っています。
 ・エンジンの横や少し後ろは、騒音が大きいように思います。
 ・離陸時や着陸時に飛行機を見たり、飛行機から雲海や夜景を楽しむなら絶対に窓側がいいと思いますし、窓側でないと見えません。
 
【1人で飛行機に乗る場合】

◆ビジネスクラスでヨーロッパなどの長距離の場合
  ・スタッカードなど1人用のフルフラット座席のある飛行機を選び、窓側の座席にします。⇒超快適
  ・1人席がない場合は、中央の席が2席の飛行機を選び、その通路側に座っていました。
    (トイレに行くときに、隣の人に気を使わなくてよいです。)
    (窓側の通路側の場合、窓側席の人がトイレに行くときに、気を遣いますし、寝ていたら起こされます。)
  
◆エコノミークラスの場合(東南アジア、韓国、台湾、中国、香港)
   〔飛行時間が2時間まで〕
     窓側(トイレに行かなくてすむので、通路側の人に気を遣う必要がありません。)

   〔飛行距離が2時間以上〕
    2-3(4)-2
   
     ⇒中央の列の通路側
      (窓側に座るとトイレにいくときに、通路側の人に気を遣うため。)
      (窓側に座って通路側の人がトレーを下ろして寝たりした場合、トイレに行くことができません。)
     ※ただし、どうしても窓側に座りたい場合は、1人を飛び越えればいいだけなので窓側でもよいかも
      (最近飛行機の窓から写真を撮っているので、窓側に座るかもしれません。)     

    3-3(4)-3 の場合

     ⇒中央の列の通路側
      (窓側に座るとトイレにいくときに、通路側の人に気を遣うため。)
      (窓側に座って通路側の人がトレーを下ろして寝たりした場合、トイレに行くことができません。)
      (3席の場合、2人を飛び越えて、通路にでるのは、かなりの勇気がいります。)

    3-3の場合
      ⇒通路側しかないですね。(笑)


【2人で乗る場合】
◆ビジネスクラスでヨーロッパなどの長距離の場合
  ・窓側を2人で独占できます。
  ・もちろん、スターガードの1人用座席に座ってもよいです。
  
◆エコノミークラスの場合(東南アジア、韓国、台湾、中国、香港)
   〔飛行時間が2時間まで〕
     窓側(トイレに行かなくてすむので、通路側の人に気を遣う必要がありません。)

   〔飛行距離が2時間以上〕
    2-3(4)-2の場合
    ・窓側を2人で独占できます。    

    3-3(4)-3 の場合

     中央の列の通路側
      (窓側に座るとトイレにいくときに、通路側の人に気を遣うため。)
      (窓側に座って通路側の人がトレーを下ろして寝たりした場合、トイレに行くことができません。)
      (中央列以外の通路側は、窓側の人がトイレにいくときに、気を遣います。(立たなくてはいけません。))
     
    3-3の場合
      通路側しかないですね。(笑)
ハピタスでANAマイルを貯めてビジネスクラスで海外旅行をする方法(ドットマネー・ルート)!

   
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly



マイレージブログランキング