DSC06037_R.jpg

【2014年6月27日(金)】(ソウル旅行記)

セリムホテル(世林ホテル)を出て10メートルで仁寺洞(インサドン)のメインストリートに出ました。
仁寺洞(インサドン)は、書道・骨董品など伝統の香り高いアートの街です。仁寺洞のメインストリートには伝統工芸品や伝統茶屋などが集っており、一歩路地に入ると昔ながらの韓屋(ハノッ)を利用した韓定食店やマッコリが飲める居酒屋があり、とても雰囲気がいいです。

DSC06032_R.jpg

仁寺洞(インサドン)ストリートをちょっとぶらぶら。

自由に写真を撮っていいということだったんでしょうか?

DSC06033_R.jpg

DSC06035_R.jpg

陶器。抹茶を飲むのでしょうか?

DSC06036_R.jpg

DSC06038_R.jpg

仁寺洞(インサドン)は、やはりアートの街ですね。

DSC06039_R.jpg

伝統的な朝鮮の建築様式を使用韓屋(かんや)と教会

DSC06041_R.jpg

アートな印鑑!  

欲しくなりますね。

仁寺洞(インサドン)には、アートなお店がいっぱいあります!


DSC06042_R.jpg

DSC06043_R.jpg

韓定食のお店


DSC06044_R.jpg

美味しそうなパンがあったので買ってみました。

仁寺洞(インサドン)の街歩きを終えて、次は、西大門の近くのテソンチプにトガニタン(牛すじスープ)を食べに行きます。

 

 
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly



マイレージブログランキング